ベジタリアンが周りから距離を置かれるワケを考えてみた。。part6 〜 動物への感情と問題意識の葛藤

れは、動物愛護志向のベジに限られる話になってくるんですけど、

みんなの問題にしてるテーマが、「独りで持ち上げられる岩」なら、

もうとっくに誰かが解決してると思いませんか?

協力者が多いほど、そしてすべての大陸に広まるほど、

労力も時間も少なく、しかもより多くの苦しみを救えるようになると。

そう僕は考えてます。

 

岩を持ち上げる(問題を改善する)ためには

より多くの協力者が必要なのに

「おい!そこで何も知らずに立ってるバカ」とか

「手伝ってないヤツらはみんな共犯だ」みたいな、(極端に言うとね)

そんなふうに頭で考えたり、

そんな視線で周りの人間を見ていて

より多くの協力者は集まるんだろうか?って思うんですよね。

 

ダイレクトな言い方をすると、

動物のこと、環境のことを動機にベジタリアン、ヴィーガンになって

それを実践してる人の中には、なんか

「私はイチ抜けた」みたいな、

「あとはまだの人たちが実践すればいい」みたいに

自分は高い位置から他の人間を見下すような心で生活してる人だって

けっこう多いんじゃないかと思うんです。

 

他を支配しようとすれば支配し返されるし、

見下すような視線を発すれば自分もまた見下されます。

それは動物愛護やベジタリアンが見下されたり、

冷ややかな目で見られる原因をまたひとつ生むって思うんです。

 

 

僕はこの場所で、

結局自分の思考をみんなに共有、発信してるわけなんですけど、

みんなにとっての正しいことや真実を書いてるつもりってのはないです。

読んだあなたが、自分自身にとって「正しいなあ」と感じた部分があれば

今のあなたにとっての正しい考えになるというだけのことでしょう。

 

ちなみに、

なんとなく、今頭の中を大きく占めてる考え(僕にとって)は

「自分が愛されてこそ、自分の愛するものが守れる」

っていうものです。

(過去の記事ですがまだの方は、こちらからどうぞ。)

 

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>