ベジタリアンが周りから距離を置かれるワケを考えてみた。。part4

のあいだ、とある映画を見た中にこんなシーンがありました。

超一流ホテルのレストランで、

たぶんヴィーガンかベジタリアンっぽい議員が

「このメニューを、バターを使わずに」

みたいなオーダーの仕方をします。

厨房の中でそれを受けた超一流シェフが、

「今度レシピ通りじゃない注文が来たら死んでやる〜〜」と

冗談まじりで言って、逆にストレートにオーダーをしたほうの主人公は

その後シェフに気に入られてしまうって流れの話でした。

 

一見すると、ただヴィーガンを皮肉っただけのシーンのようですけど、

そこにはたぶんこういうメッセージを含んでるって思ったんです。

「料理人のプライドにも敬意を示しなさい」

 

同時に、自分の過去の経験を何個か思い出しました。

昔、こんな経験がありました。。

会社の近くでランチに入る店を探してたとき

一軒の、こぢんまりとした味の良さそうな洋食屋さんを見つけて

店の店主に、「肉、魚、卵、ミルクなしで何かできますか?」

と尋ねたら即答で「無理ですねえ!」って言われました。

心の中で、「ほんまに腕のいいシェフなら対応できるはずや」

みたいにつぶやいてすねて、もう二度と行ってやるもんかと

(実質は一度も行ってないんやけどw)思ったことがありました。

 

それと今まで何回、

パスタやサラダを「ベーコン抜き」で頼んで、

「味にパンチがない」って考えながら食べたことか。

ファミレスやフランチャイズの店のように、

料理人のメンツがあまりはっきりしない店ならまだいいけど、

口コミが命でもあるような店でそんな頼み方をして不当な評価を下すのは

ほんとに失礼なことですよね。

 

自分でも料理を繰り返しながらレシピを完成させるようになって、

料理も芸術だって気づきました。

だから、他人の芸術作品を見せてもらうときに、

あれこれ作り方の指示をするっていうのは

ほんとはやったらダメなことなんです。

それをわきまえた上で言ってる「〜抜きで」

なのかどうなのか、

もう一度考えて、

ハートを持って、外食もしないといけないなあと。

その映画を観て考えさせられたわけでした。

 

ベジタリアンが周りから距離を置かれるワケ、

そのうちの一つはおそらく「姿勢」ですよね。心の。

 

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>