生き延びた子牛のニック☆

今年1月、生後5ヶ月の子牛がファームサンクチュアリで保護されました☆

ニックと名づけられたこの子牛は、去年8月ごろに近くの農場から逃げ出し、

それから数ヶ月間、人間を避けながら一頭でなんとか生き延びていたようですが、

冬は-34℃ほどの気温に感じるニューヨーク、この子牛の情報を聞くとすぐに

ファームサンクチュアリの緊急保護チームがかけつけました。

保護するとすぐにコーネル・ユニバーシティ・フォーアニマルズという病院へ。

耳は凍傷していて、寄生虫によりひどい栄養失調、ジアルジア感染、

シラミ、そして不整脈という最悪の健康状態でした。

そして何より人間を怖がり、怯えていたので、ニックには最善の配慮で

心もケアした治療が大切でした。

徐々に体重も増え、お世話をしている人間に少しずつ心を開いてくれていて、

お鼻をこすりつけたりするようになっているようです。

そして前回紹介した子牛のアリとも、仲良しになれそうな予感です♪

アリも前回の写真に比べて成長しましたね~びっくり!
かわいい弟もできて、うれしそうですね☆
ペロペロ☆

ニックももう寒さや空腹の心配もなく、清潔なところで生活できます。
お兄ちゃんのアリと楽しく健やかに過ごせますように☆
写真や記事はこちらからです

→日本のサンクチュアリ、やまゆりファーム、希望の牧場

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>