盲目の牛のスウィーティーとトリシア☆

カナダの酪農場にいたスウィーティーという盲目の牛が
ファームサンクチュアリに保護されました。

スウィーティーは酪農場で8年という通常の倍近い年月で生産し続けましたが
足の感染症と双子の出産によって、価値が大幅に下がり、
酪農場の所有者が、スウィーティーの親権を放棄し、屠殺場行きとなりました。

その酪農場の誰かが、カナダの馬保護団体Refuge RR
連絡をしたことがきっかけとなり、
このスウィーティーの情報を聞きつけることができたRefuge RRの
一員であるローズさんが、飼い主を説得することに成功し保護。
そしてNYのファームサンクチュアリで暮らすことになりました☆

8年という長い年月をともにした誰かが、
きっと残りの生活をゆったり過ごして欲しいと願ってくれたのかもしれません。
ファームサンクチュアリのような場所があることも酪農家の人たちにとっても
きっと何かの役に立てる場所になってるのではないでしょうか。

スウィーティー到着です☆

NYファームサンクチュアリにいる、同じく盲目のトリシアがやってきました!

酪農場出身で盲目という同じ共通点を持つ同士。
初対面も穏やかで、仲良くなれそうな雰囲気です♪

トリシアは大親友のリンダという牛を去年ガンで亡くしていたので
新しく来たスウィーティーとも親友になれるといいですね♡

初対面を果たすスウィーティーとトリシアの動画です♪

 

記事の全文はこちらです

→日本のサンクチュアリ、やまゆりファーム、希望の牧場

→香取の鹿愛護会、サポーター&入会者募集中です

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>