『みんなが勝てば、争う必要はなくなる』

またま内戦のある国に生まれて

生き残るために、自分の愛する家族を守るために

本心では他人を傷つけたくないのに銃を手にする。

それはどんな気持ちなんだろう?

 

たまたま自分が

毛皮を商売にしている家庭に生まれて、

多くの動物愛護者から罵声を浴びせられる母親を見るのは

どんな気持ちなんだろう?

 

人間にまつわる戦争

そして動物にまつわる戦争

人類は過去にたくさんの傷をもって学んできたけど、

それならこれからはどうすればいいと思いますか?

 

みんなが勝つ方法を考えること。

これはこの先どんなビジネスの成功にも当てはまること。

 

アメリカには、食肉用動物の飼育を商売にしてあまり上手くいってない人に

「今あなたがこういった穀物・野菜系の生産に切り替えれば、

今までよりこれだけ利益が上がりますよ」と、

ちゃんとしたデータをもとにコンサルタントしてくれる機関があるらしいです。

これを以前、名古屋に行った際に友人が教えてくれました。

聞いたとき、すごく素晴らしいやり方だなあと思いました。

その場にいる全員にメリットがある方法。

 

誰か負ける人が生まれるやり方じゃなく、

みんなが勝つアイデアを生み出していくことは、

これからの時代をよりよくする大きな智慧になります。

 

国境で国が分かれたり、

宗教・信条によってグループが分かれたり、

それは便利なことも多いけれど、

対立するために分かれて、奪い合うことは争いや傷を生みます。

自分ならそんな環境に放り込まれたくないし

次に来る子供たちの世代にも経験させたくない。

 

人は傷を経験した分、思いやりを手に入れます。

そしてその思いやりが地上から傷や争いを少なくしていきます。

自分の眼に他人がどう映ろうと、

その人のほんとうの気持ちはその当人にしか知り得ないものです。

 

人種からはじまり、宗教・信念・趣味にいたるまで

自分とは違った立ち位置の人間が

70億人はいるという現実に理解を示して、

そこをスタート地点にして人はやっとまっとうな会話ができるんです。

「自分の立ち位置だと、あなたにはこんな協力ができますよ☆」と、

そういう声をもっとこれからは聞いていきたいものです。

 

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>